経営理念Philosophy

動物と人の
未来の「当たり前」を創りたい

私たちは、時代や環境の変化、それらに伴う動物と人との関係の変化に真摯に向き合い続けてきました。

欧米諸国に比べ遅れをとっていた日本の動物医療に貢献すべく、日本に流通していなかった高品質な動物用医薬品や医療情報を提供。業界に先駆けて畜産現場での感染症対策を実施するなど、さまざまな事業活動を通じて、今では当たり前になった「ペットは家族」「日本の食は安全・安心」という文化形成に寄与してきました。

その根底にあるのは「動物と人の絆をより深めたい」という創業時からの変わらぬ想いです。

しかし、動物と人を取り巻く環境やその関係性は、今また大きく変化しようとしています。

もっと、犬や猫が健康で長生きできたら。
もっと、病気の予防や治療の選択肢を増やすことができたら。
もっと、動物医療や生産現場で働く人々の経営や働き方をサポートできたら。

私たちはこれまで培った技術や知見を活かしながら、
ペットも人も安心して暮らせる社会「ペットの社会化」や、持続的な畜水産業の実現に貢献していきます。

今ない未来の「当たり前」を創り、動物と人が進む道を切り拓いていく。

動物と人の進む道を創る。それが共立製薬です。

ミッション(存在意義・社会的使命)

動物と人の進む道を創る

ビジョン(目指す姿・実現したい未来)

動物との共生を支える
プロフェッショナル企業


動物が関わるあらゆる現場の最前線に立ち、
専門性を活かした質の高い製品やサービスの提供を安定的継続的に行うだけでなく、
動物を含めた関係者それぞれの立場や価値観を理解し配慮した行動や提案を通じて、
社会から最も信頼される存在となる

バリュー(大切にしたい価値観・判断軸)

誠実
高い倫理観のもと誇りと責任感をもって誠実に行動します

尊重
関係する人々の立場やさまざまな考えを尊重します

挑戦
新しいことや困難なことに失敗を恐れず積極的に挑戦します

未来志向
先入観にとらわれず、到達すべき未来を見据えながら行動します
ミッション・ビジョン・バリューの相関図