エピレス錠10mg

[劇] 要指示 指定

その他

※この製品は動物病院にて取り扱われております。

概要 本剤の有効成分であるゾニサミドは、脳内神経伝達部位に作用し、Naチャネル及び低濃度作働性Caチャネルを阻害することにより、神経細胞の興奮を抑制して抗てんかん作用を発揮する化合物である。
有効成分 ゾニサミド
効能・効果
犬の特発性てんかんに伴う発作の低減
用法・用量
本剤の投与は体重2.0kg以上の犬を対象とし、体重1 kgあたり、ゾニサミドとして2.5〜15mgを1日2回、食餌と共に投与、投与後直ちに給餌、食後直ちに投与、のいずれかで経口投与する。
投薬中は1〜6週間毎を目安に、モニタリングとして臨床症状(発作又は副作用)の問診、生理学的検査、血液学的検査、血液生化学的検査、血清中ゾニサミド濃度測定(定常状態最低血中濃度)を行い、これらを指標に適宜投与量を増減する。 
貯法 室温保存
有効期間 3年間
包装 100錠(10錠×10シート)
対象動物

製造販売業者:共立製薬株式会社

ウィンドウを閉じる