ラピッドベット‐H 猫血液型判定キット

検査キット/培地

※この製品は動物病院にて取り扱われております。

概要 カンサス州立大学のライセンスを受けて、イタリアのAgrolabo社が製造している猫血液型判定用キットです。
効能・効果 猫の血液型(A型、B型、AB型)の判定
使用方法 検体採取:
(1)抗擬固剤としてEDTAを用いて検査対象の猫から血液検体(0.4mL以上)を採取する。

自己凝集検査:
(2)凝集カードをポリエチレン袋から取り出し、猫の名前、検査日を記入する。
(3)凝集カードを平らなテーブルの上に置く。
(4)自己凝集検査用ウェルに希釈液を1滴(約40μL)滴下する。
(5)ピペットを使って猫の血液検体を採取し、自己凝集判定用ウェルに1滴(約40μL)滴下する。約10秒間にわたって、ウェルの中の血液全体を攪拌棒でよく混合する。
(6)わずかではあるが、血液検体が自己凝集反応を呈す場合がある。もし凝集反応が認められた場合は検査を中断し、通常の血液洗浄を行った後、再度検査を実施する。

検査:
(7)希釈液を他の2つのウェルに1滴(約40μL)ずつ滴下し、攪拌棒でよく混合する。
(8)猫の血液検体に入った容器を緩やかに振り、固形成分を再懸濁させる。
(9)ピペットを使って猫の血液検体を採取し、「検体用」と記載された2つのウェル(A型検体用ウェル、B型検体用ウェル)に各1滴(約40μL)を滴下する。
(10)攪拌棒でA型検体用ウェル上の溶液を約10秒間よく混合する。新しい攪拌棒でB型検体用ウェル上の溶液を約10秒間よく混合する。
(11)A型検体用ウェルにさらに1滴(約40μL)の希釈液を滴下する。
(12)各ウェルの中の血液が完全に混合するように、約2分間にわたってカードを揺り動かす。ただし、各ウェルの血液同士が混合しないように注意する。
(13)カードを約10度の角度に傾斜させ、ウェルの底部に過剰な血液を移すようにする。カードの上端を乾燥剤のパック上に置くと、適度の傾斜が確保される。
(14)結果を判定する。
(15)凝集カードは、血液が乾燥したあとでポリエチレン袋に入れ、記録として保存する。
貯法 2〜7℃
有効期間 1年6ヵ月間
包装 (1)凝集カード…5枚
(2)希釈液…3mL×1
(3)ピペット…10本
(4)攪拌棒…15本
対象動物

輸入先:アグロラボ(イタリア) 製造販売業者:共立製薬株式会社

ウィンドウを閉じる