・訓練:服従訓練は楽しい共同生活の第一歩

イメージ

室内犬ではまずトイレのしつけからです。最初は失敗が続くかもしれませんが、メリハリをつけてしつけていけば、すぐに覚えてくれます。心配はいりません。重要なのは服従訓練です。家族のリーダーシップを一生維持するために必須のことです。少なくとも「お座り、待て」の命令に従う、それから「ダメ」で行動を抑制するという訓練だけはやりましょう。これだけできればほぼ大丈夫です。全ての人・動物に友好的にふるまう、散歩のときのハンドリングに従う、問題行動は制止によりすぐに止めるなどができれば共同生活を心から楽しむことができます。

猫の場合もしつけは大切です。危険を伴うような行動は少ないかもしれませんが、共同生活の最低ルールは守らせなければなりません。トイレはトイレ容器で、マーキングをしない、破壊行動をしない、攻撃行動をしないなどを教え込まなければなりません。猫をしつける場合の一般的注意を箇条書きしておきます。