2013.05.13(月)
スマトラトラの繁殖支援活動

ヨーネジーン・KS新発売

野生個体数が400頭程度と推定されるスマトラトラは、原産国インドネシアは元より、世界中のズーストック関係者から保護が急務とみなされる動物の一種です。現地では、インドネシア政府支援の下、タマン・サファリ繁殖センターが雌雄トラを交配させて繁殖を管理しています。しかしながら、種の保存に必要な凍結精液による人工授精を未だ可能としていません。
そこで、ボゴール農科大学および山口大学を主体とする両国の専門家らと共立製薬の共同研究により、スマトラトラの凍結精液による人工授精技術の確立を目指すこととなりました。

  • 教えて!共立製薬
  • 製品の歴史
  • 研究開発と製造
  • 消臭剤エポリオン
  • 医療用医薬品製剤

ROYAL CANINresQ45アニマルオルソジャパン犬のアトピー110番

カルミックサンアイビス株式会社